自己潤滑セラミック

  • 自己潤滑セラミックシャフトとシャフトシール

    自己潤滑セラミックシャフトとシャフトシール

    自己潤滑セラミックシャフト/シャフトシールアルミナ製品本来の高強度、耐酸性・耐アルカリ性、耐摩擦性を維持し、材料特性を向上させました。最大の特徴は摩擦係数の低減です。この材料を使用したシャフトとシャフトシールは、明らかな利点を示しています。例:長寿命、低ノイズ、優れた安定性、モーターの優れた保護。

    マイクロテクスチャの自己潤滑セラミック材料は、Al2O3セラミック材料の包括的な機械的特性を向上させます。茶色の自己潤滑性セラミックシャフトの破壊強度と曲げ強度は、それぞれ7.43MPa・m1 / 2と504.8MPaであり、通常のアルミナセラミックシャフトよりも約0.4%と12.3%高く、最大摩擦係数は次のように減少します。約33.3%、最小摩擦係数は約18.2%減少します。